参創ハウテックのリフォーム/東京都文京区の家づくり工務店

ホームリフォームのご提案 > ライフスタイルの変化にあわせて

リフォームのご提案

ライフスタイルの変化にあわせて

ライフスタイルの変化にあわせて

世代交代・家族数の増減・住まい手の変更などにより、使い勝手や間取りなどが現実の生活に合わなくなったら、リフォームで解決しましょう。構造上影響のない壁を取り外して大きなリビングルームにしたり、離れて暮らしていたご両親と一緒に暮らすために二世帯住宅に改装したり、お子さんが独立して空いてしまった部屋を活用して賃貸併用住宅にリフォームしたり。
現在のライフスタイルに合った提案型リフォームで、お客様のニーズにあった住空間へのグレードアップを実現致します。

事例1

事例1
家族構成の変化に伴い、広すぎて持て余していた戸建住宅の一部を賃貸アパートとして活用しました。1階は親世帯、2階は子世帯の二世帯住宅とし、エントランスを別に設けて3階部分を賃貸住宅に変更しています。
既存建物の特徴を生かしたプランニングにより、単なるリフォームにとどまらず、住宅そのものの魅力を高めることに成功しました。
詳細はこちら

事例2

事例2
築26年の団地の中の一室を全面改修。当時主流だった3LDKの間取りを今のライフスタイルに合わせて、広いリビングルームやアトリエに変更し、動線や風の通り道も考慮しました。住まい手が設計士ということもあり、材料の使い方にも新しい試みを端々に施しています。
詳細はこちら

事例3

事例3
もともと2DKの間取りだったマンション。仕切りをとり、間仕切はトイレ・洗面だけにして、部屋の中心部に配置した浴室はカーテンで仕切りました。壁面両サイドはすべて収納・キッチンスペースにしましたので、広々と開放的でゆったりとしたワンルーム空間になりました。
詳細はこちら

リフォームの技

リフォームの技1

住宅の一部を賃貸住宅に変更する際、玄関とは別の場所に賃貸住宅用のエントランスを設けた例。個性的なデザインで住宅そのものの魅力も高まりました。

リフォームの技2

間取りを変更した際、配線や配管の事情で動かすことができなかった給湯器には、室内の雰囲気に合ったカバーを造作。機器には給気が必要なので孔をあけています。

リフォームの技3

昔ながらの純和室は、全て変えてしまわずに、欄間や雪見障子はそのまま残して美しく改装しました。古き良きものを活かしながら洗練された住空間に。

リフォームのご提案 トップページ